WELCOME TO HINO PICKLE’S WEBSITE!

初のリモート座談会「急成長スポーツ!ピックルボールを熱く語る」を公開しました。目から鱗が剥がれること間違いなし!是非お読みください。

日野ピックルズのアウトドアイベント『秋のリバーサイドピックル』が開催されました!イベントの模様はこちらから。

新型コロナウィルス感染拡大により、皆様におかれましても大変な不安を伴い、ご不便な日常をお過ごしのことと思います。当、日野ピックルズも活動自粛ののち、7月から活動再開させています。再開にあたりましてはガイドラインを作成し、安全な活動を心がけていきます。詳細はwithコロナ特設ページをご覧ください。

Pickleball is way beyond an enjoyable sport!

ピックルボールはただ楽しいだけのスポーツじゃない。ぜひ経験してみてください。

ピックルボールはどんなスポーツ?

icon_info

ピックルボールとは

テニス、バドミントン、卓球を合わせたような、パドルと呼ばれるラケットを使うスポーツでアメリカで生まれ、日本には5年前に全米チャンピオンのダニエル・ムーア氏により紹介されました。

thumbUp

気軽に始められる

ピックルボールは身体への負担が少なくどなたでも気軽に始められます。 ボールの特性でラリーが続きやすく、すぐに楽しむことができます。

dig

でも奥が深い

どなたでも、すぐにゲームができるようになりますが、奥は深く、どんどんハマってしまいます。Pickleball addict(ピックルボール中毒)という言葉があるくらいです。

people

気づけば健康に

ピックルボールはディンクと呼ばれるネット際のプレイが中心となっており、自然と腰を落とし、スクワットをしているような姿勢になり、下半身の強化につながります。

icon_USA

アメリカで最も
成長したスポーツ

ピックルボールは50年前にアメリカで生まれ、ここ10年で急速に広まり、現在では全米で300万人を超えるプレイヤーがおり、また、カナダ、南米、ヨーロッパ、アジアにも広がっています。

icon_globe

国際交流も楽しい

世界中でプレイヤーが増え、時々海外からのプレイヤーもやってきます。ピックルボールを通して言葉を超えたコミュニケーションができるのも魅力のひとつです。

 

日野ピックルズとは

ピックルボールは、アメリカのナショナルチャンピオン、ダニエル・ムーア氏により、5年程前に日本に紹介されました。日野ピックルズは、紹介されて間も無く、日野八王子ピックルズとして最初に産声をあげたチームです。その後、ピックルボールを広めるために八王子ピックルズ、日野ピックルズにわかれました。その後も地域のチームと交流しつつ、日野ピックルズは、主に土曜日、日野市や八王子市の体育館で練習会、イベントなどを行っています。メンバーは、近隣の市から来てくれており、卓球、バドミントン、テニス経験者、もちろん、本格的ラケットスポーツをやったことのないメンバーも楽しんでいます。
ピックルボールの体験は7月中は受け付けておりませんが、受付再開についてはお知らせページで告知していきます。何かありましたら、お問い合わせください。

 

当ホームページについて

このホームページでは、ピックルボールをこれから始める方、始めて間もない方や技術向上を目指している方にも楽しめるコンテンツを提供できるように努めています。 基本情報を集めた書庫、や Pickletionaryという用語集、Q&A、どなたも気持ちよく仲間を尊重しながらプレイするためのヒントとなるピックルボールの マナー技術向上に役立つTipsゲームで使える組合せ表、など、楽しいプレイをサポートできるコンテンツを更新していけたらと思っております。ご意見、ご感想などがありましたら、お問合せからお気軽にご連絡ください。

日野ピックルズ運営有志一同

お問い合わせは こちらからどうぞ